ナビゲーションをスキップする

観光スポット

大崎・鳴子
きっと繋がる食と湯のくに大崎!

源義経や松尾芭蕉も浸かった山間の温泉で湯めぐりしよう。 玄関口は旧古川市の中心地である古川駅だが、観光のメインとなるのは鳴子温泉郷。鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5つの個性豊かな温泉地からなる一大温泉郷で、400本近くの源泉から9種類もの泉質の湯が湧出している。数百円で利用できる昔ながらの共同浴場も多いので、地元の人との裸の付き合いを楽しんでみて。

早川淳也

観光案内人 早川淳也 (ハヤカワ ジュンヤ)

20年間の旅行会社勤務後、平成23年4月より着地型観光総合窓口「みやぎ大崎観光公社」設立スタッフとして参加。現在同観光公社事務局長。宮城県角田市出身。

「感動の素」大崎から発信します。

宮城県北部に広がる大崎地方に位置する1市6町が合併して平成18年に大崎市となりました。県外の皆さんにはまだ馴染が少々薄いかもしれませんが、「新幹線の古川駅、鳴子温泉がある市ですよ」とご案内すると皆さん「ガッテン」いただけます。大崎市には里山の景観や人がマガンなどの野生動物との共生している風景など地元の皆さんが当たり前と思っていることでも、都市部の皆さんから見ると「感動もの」の素晴らしい「お宝」がたくさん存在します。そのお宝を宮城県内外の皆様により分かりやすく発信してまいりたいと思います。

資格等:総合旅行業務取扱管理者、クルーズコンサルタント
所属する施設名:古川駅総合観光案内所
お問い合わせ先:0229-24-0062
堀 順子

観光案内人 堀 順子 (ホリ ジュンコ)

はじめまして、鳴子温泉駅の観光案内所にいる堀です。案内所には4人のスタッフがおり毎日お客様に窓口や電話で観光や宿泊などのご案内のお手伝いをさせて頂いております。
時々お越しいただくお客様に「また温泉に来たよ!」と声をかけて頂くととてもうれしく思います。お話をする中、お客様に教えられることも多くとても勉強になります。
そして、陸羽東線を運行する「リゾート列車みのり」が運行される時、地域の方、観光ボランティアの皆さんと一緒に観光駅長としてお客様をお出迎え致しております。
これからも魅力ある温泉を紹介し、お客様に二度、三度お越しいただくよう、笑顔でがんばって参ります。

四季折々の豊かな自然の恵みのある鳴子温泉郷にぜひお越しください

はじめて鳴子温泉駅を降りたお客様は「温泉の匂いがすごいね」という声とそして駅前から見える温泉の湯けむりに驚いてもらえます。ふだん私達が感じ、見ている当たり前の風景自体がお客様には珍しく新鮮に感じられているようです。足湯や手湯が身近にあり、歴史ある滝の湯や早稲田大学生が掘り当てた早稲田桟敷湯の共同湯など、泉質が違う温泉が駅の近くから沢山あります。湯あがりは肌がしっとりして体が芯から温まり、また入りたくなる自慢の温泉です。
鳴子は鳴子漆器・鳴子こけしの産地でもあり、通りにはこけし工人のお店があり製作も見学できます。絵付け体験も出来ますので世界に一つだけのマイこけしを作るのもおすすめです。
名所には潟沼や鳴子峡、尿前の関から続くおくのほそ道、こけし館、鳴子ダム、間欠泉、スキー場、などの自然や観光施設をはじめ、山は春紅葉・若葉・新緑・雪景色と美しい景色がご覧いただけます。陸羽東線では『リゾートみのり』も運行され、ゆったり快適な旅ができます。四季折々の豊かな自然の恵みがある鳴子温泉郷にぜひお越しください。お待ち致しております。

所属する施設名:鳴子観光・旅館案内所
お問い合わせ先:0229-83-3441
info@naruko.gr.jp

1