ナビゲーションをスキップする

観光スポット

みやこ
自然を体感し大地と海の恵みを堪能することができるまち

宮古市と岩泉町、山田町でゾーンを構成しています。宮古市は、陸中海岸国立公園の中心地、林立する鋭くとがった白い流紋岩が表情豊かに海岸を彩り松の緑、岩肌の白、海の群青のコントラストの[浄土ヶ浜」。浄土ヶ浜と海岸線の景勝地を満喫することあができる「島めぐりの観光船」。浄土ヶ浜の湾内を1周するとともに、幻想の世界を案内する「青の洞窟クルージング」がございます。そのほかにも、白亜紀の礫岩、砂岩の層が見える「三王岩」、本州最東端の地「魹ヶ埼」、宮古の季節の食を堪能できる「宮古市魚菜市場」などがございます。岩泉町には、国指定の天然記念物で日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」があり、洞窟の奥から湧き出る清水が作り出す地底湖は、日本一の深さと世界有数の透明度を誇ります。また、大自然に囲まれたアウトドアの拠点「ふれあいらんど岩泉」、標高916mの早坂峠を中心に広がる穏やかな大平原と、安家川をはじめとする清流、太平洋の波が奏でる海の芸術「熊の鼻」などがございます。山田町は、北上山地の豊富なミネラルにより山田湾でとれた新鮮な殻付き牡蠣を蒸し焼きで堪能できる「三陸山田復興かき小屋(10月から4月頃までの営業)」が営業いたします。みやこゾーンは、「見る、感じる、食す」魅力あるゾーンとなっております。