ナビゲーションをスキップする

観光スポット

津軽半島
まさにディープな“奥津軽”~きっと忘れられない旅になる~

あの文豪の感性を育んだ北国・津軽の文化に触れる。 拠点となるのは五所川原駅周辺。高さ約22mの巨大ねぷたが練り歩く五所川原立佞武多で有名だ。そこから津軽鉄道で北上すれば、文豪・太宰治の出身地である金木や、冬に白鳥が飛来する十三湖などの見どころが点在する。さらに、太宰治の小説『津軽』や石川さゆりのヒット曲『津軽海峡・冬景色』の舞台になった龍飛崎にも足を延ばしてみよう。

奥津軽を走る風物列車

奥津軽を走る風物列車

奥津軽を走る風物列車

奥津軽を走る風物列車 津軽鉄道の周辺には、奥津軽の文化や雄大な大自然、それに「立佞武多」や「虫おくりと火祭り」など、イベント・観光施設など...

津軽フリーパス

津軽フリーパス

通年

列車とバスが乗り降り自由で2日間乗り放題!

列車とバスが乗り降り自由で2日間乗り放題! お城と洋館の街・弘前、こみせが並ぶ黒石、太宰のふるさと金木、立佞武多で名高い五所川原、...

1